ご挨拶

私たちが小さかった頃は、町中や公園で夕方暗くなるまで元気に遊びまわっていることが普通の光景でしたが、今はそういう姿が少なくなってしまいました。子どもたちが放課後に巻き込まれる痛ましい事故や事件から、学校外での安全確保が地域の課題になっています。
兄弟や姉妹が少なく、年の離れた子どもたちで遊ぶ機会も減ってしまいました。一方で、塾通いや一人ゲームに夢中になる子どもが増えて、多くの人達と接するような機会が減ってしまいました。放課後や夏休みなどの長期休暇で過ごす時間は、年間1,600時間だそうです。年間授業の1,200時間よりもはるかに多い時間が消費されています。
子どもたちの成長スピードは速く、多くのことを見たり、聞いたり、触れたりすることで創造力や表現力、挑戦力が日々養われて成長していきます。
保護者のみなさまが安心して仕事を続け、子どもたちが安全で楽しく毎日行きたくなる居場所を作り、この時期に、いろいろな知識や体験を得る機会を子どもたちに投資をしませんか。
私たちが一緒に学び、遊び、成長を共に見守ってまいります。

企業理念

1まなびやPLUSがめざすもの
子どもが持つ個性を大切に育てて、自らの伸びる力、人や物との関りを大切に、慈しみ感謝し労わる心をもって、未来に羽ばたけるように、幼児期、学齢期の人格形成を第一に、一人一人の進みたい人生を切り開いていくための力を育成していきます。
2まなびやPLUSが取り組むもの
当社のビジョンを表す言葉は「発見、体験、冒険を通して生きる力を育みましょう」。そして、子どもたちが無限のキャンパスに人生を描き彩り「未来に羽ばたけ!!」るため、学齢に応じた様々な発見、体験の機会を提供し、子育てのお手伝いをすることです。
3まなびやPLUSを憧れの存在に
当社は、子どもたちの可能性を見出すお手伝いをするとともに、幼児期から人や物との関わりを大切にする、人格形成に大きな影響を与える、プロフェッショナル集団として、仲間を大切にして誇りある存在に、また地域の憧れになることを目指します。

企業情報

運営会社 株式会社まなびやPLUS
設 立 平成30年4月
本社所在地 大阪市天王寺区石ヶ辻町7番22 2F
代表者 代表取締役 遠藤 孝司
事業内容
  • アフタースクール(学童保育施設 まなびやCAMP)の運営
    まなびやCAMP
  • 保育園(乳幼児保育施設 まなびやKIDS)の運営
    まなびやKIDS
  • その他関連事業