3日間体験入会について

新1年生無料体験プログラム〜お月見〜

新1年生無料体験プログラム2日目〜お月見〜

を開催しました。

予想を上回るお申し込みを頂き、お断りさせて頂いた保護者様につきましては申し訳ございませんでした。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

1日目に作ったオリジナル三宝にお団子を作って飾りました。

地域によって形や味付けが違うお月見だんご。串だんご、あんこのせ、ちょっとびっくりする見た目のものも!!

実際に味付けを変えてみんなで美味しく頂きました。どの地域のお団子が美味しかったかな?

 

代表のつぶやき

今朝(10月17日)の新聞に「学童保育 職員基準緩和」の記事をみつけました。

厚生労働省が、学童保育不足を解消するために資格の基準を緩める検討に入った、とあります。

 

私たちは、学校やその周辺で指導員を見かけます。

いつも大声を出して「早く〇〇しなさい」「〇〇したらダメって言ってるでしょう」と言ってたり、公園に引率してるのでしょうか、子どもそっちのけでスマホをいじって子どもが自転車とぶつかりそうになっても気づかない、そんな光景を目にします。

 

私たちは一瞬の気の緩みが大切な子ども達を危険に晒すとの危機意識をもってきましたが、

そんな光景をみるとあまりの落差に悲しい思いに駆られます。

保護者の方々はその現実をご存知なんだろうか。

 

私たち民間でお子さまをお預かりする事業に携わるものとして、最近気になるのが、学童不足から新たに参入してこられる方の中には、子ども達を通わせたくないような場所で開業されるケースも見かけます。

とにかく放課後を安く預かってもらえばそれでいい、と保護者が割り切られるのかもしれませんが、お子さまの命と人格形成に関わる者として、資格基準も含めて、私たち事業者がしっかりとした気構えで携わることの大切さをあらためて考えさせられました。

新1年生無料体験プログラム~お月見~

新1年生無料体験プログラム1日目 ~お月見~ を開催しました。

たくさんのご参加有難うございました。

お月見の由来や展開図などを遊びの中から学びました。


プログラム予定